サービス紹介

食品のもったいないを有効活用するサービス

 エプロンは事業者(食品メーカーや小売店、飲食店など)から発生する、廃棄される食材を一般消費者が有効活用するためのプラットフォームです。

 
「3分の1ルール」と呼ばれる商習慣

 この「3分の1ルール」とは、賞味期限の3分の1を経過した時点で、商品を小売店に納品しないという暗黙の決まりのことです。

 賞味期限が6ヶ月の商品の場合、製造から2ヶ月を過ぎると小売店に卸せなくなり、製造から4ヶ月を過ぎると、小売店の店頭から撤去され廃棄対象の商品となります。

 

そんな食品をお得に購入できるサービス

 まだ食べられるのに廃棄対象となってしまう食品・・・そんな食品を少しでも安く購入したい消費者はたくさんいるのです。

 当サービスはそんな廃棄対象となってしまう食品を「エプロン」に出品して頂いて、購入したい一般消費者とのマッチングを行うサービスです。